簡単な仕事だからと侮るなかれ

シールやラベル貼りは簡単な仕事というイメージを持たれがちです。確かに商品にシールやラベルを貼り付けるという作業なので、未経験でも取り組みやすい仕事ではあります。とはいえ、簡単な仕事だからと軽い気持ちで面接を受けに行くと不採用となってしまうかもしれません。職場によって仕事の内容は多少異なりますが。例えばベルトコンベアで流れてくる商品にシールやラベルを貼るとなると、素早く正確に多くの数をこなしていく必要があります。集中力を欠いて貼り忘れると、多くの人の手を止める事にもなり兼ねません。ちょっとしたミスが作業効率は大幅にダウンさせてしまうため、雇う側も真面目に仕事に取り組んでくれる人、横着せず丁寧に作業をしてくれる人を採用したいと考えるのは当然と言えます。

第一印象を良くするコツ

採用されるためには、まず第一印象に気を配らなければいけません。特に身だしなみは重要で、だらしない恰好よりきっちりとした恰好の方が印象は良くなります。そのため工場での仕事は作業着で活動する事が多いですが、面接時に関してはなるべくスーツを着用した方が無難です。スーツで臨むと面接官に真面目な印象を与え、やる気を持って求人に応募してくれたとみなされやすくなるのです。また工場では指示された通りにキビキビと動いていかなければなりません。職種によってはグループで作業することもあるため、コミュニケーション能力も求められます。つまり明るく元気な人の方が印象良く映るのは間違いありません。ボソボソと受け答えするのではなく、普段より声のトーンを上げてハキハキと話すよう意識する必要があります。